« IC-7300がやってきた | トップページ | 久しぶりの中国 »

2018/10/21

アンテナ整備2

午前中は来客で、午後一番からの作業になりました。

1)ルーフタワーのサビパーツの交換
2)ローテーターの載せ替え
3)ルーフトップのALA1530の取り換えと取り付け金具の修正

残るは、14,18,21,24,28MHz 5バンドビームの取り付けです。
今日ここまでできればよかったのですが、時間切れです。

1)結構錆びていました。
クロメイトメッキは弱いです。
しかし亜鉛どぼ漬けのねじナット類は全く問題ありません。
アルミのルーフタワー本体も問題ありませんでした。
ローテータは回りますが、だいぶんサビサビです。
G-250というYAESUのローテータです。
これはもともと、KENPROはエモトの製品だったように思います。
Img_0303s

2)3)
一見変わりないようですが、ルーフタワーの上のループと手前のループを入れ替えています。
タワーを倒して付け替えました。
手前の低いところについているのは、無印、初期型のALA1530です。
「2001年6月のメールで最近購入したALA1530」という記述がありますので、17年以上稼働しているということになります。
この間の台風21号でエレメントが曲がってしまったように下からは見えたのですが、取り付けLアングルが曲がっていただけでした。
まだ健在で、完全に動作しています。
タワーの上についていますのが最新型のALA-1530LNです。(LNPではない。)
こちらは2015年の8月購入ですのでまだ3年程です。
初期型と聞き比べてても短波帯ではあまり変わりません。
最初から、いかに完成度が高かったか!ということのように思います。
ローテーターももう2つグレードをあげました。
なかなか良い感じです。
これで、ビームも振り回せます。
Img_0304s

ビームと言えば、2000年のころはこんなルーフタワーにこんなアンテナをあげていました。
(古い写真データを見つけました。(笑))
手前は、CV-38 3.5/3.8MH上バーチカル
4.5mのルーフタワーに、14,21,28MHz 5エレのトライバンダー、その上に、10、18、24MH用のロータリーダイポール、ルーフトップに430MHzのGPです。
ああ、恐ろしい。
今はこんなアンテナよう上げません。(汗)
Antennast1

さて、最終局面は再来週か、そのあとになりそうです。
(週末、立て込んでいます。。。)

|

« IC-7300がやってきた | トップページ | 久しぶりの中国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ整備2:

« IC-7300がやってきた | トップページ | 久しぶりの中国 »