« 大宰府天満宮 | トップページ | HCJB 日本語放送周波数変更 その2 »

2018/11/01

HCJB 日本語放送周波数変更

10月に入ってからの夜の放送が入りにくいということで、しばらくモニタリングをしておりました。
確かにスカスカで、ALA1530+NRD545でも聞こえにくいですから、ポータブル+ホイップではおそらく聞こえますまい。
クヌヌラ送信所のエンジニアStephenさんにメールをして、かくかくしかじか。。
アンテナの調子がわるいとか、送信出力に問題があるとかではなさそうです。
webの電波伝播サイトを見ますと、この季節の20時あたりの日本=オーストライア間のプロパゲーション確度は30%とあまり良い数字ではありません。
25mb以下が良いだろうということで、Stephenさんにその旨を連絡しました。
アンテナの都合と送信機の都合、なによりも、空きチャンネルの発見もあるでしょうから、ちょっと探索がいるかなと思っておりましたら、早速夜の放送は11905kHzにQSYする旨の連絡がありました。

I am sending this note to inform you that as of this Saturday Evening (1055 UTC) we will be changing the Japanese broadcast to 11905 kHz. Propagation should be better on 25 mtrs than 19 mtrs at this time of day at this point in the Sunspot Cycle. It will be very interesting to hear how the program arrives in Japan.
The morning broadcast (2225 UTC) will continue on 15410 kHz as it has been.
May God continue to lead us closer to HIM,
Stephen

しばらく、ワッチして、混信状況などをお伝えしようと思います。

|

« 大宰府天満宮 | トップページ | HCJB 日本語放送周波数変更 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HCJB 日本語放送周波数変更:

« 大宰府天満宮 | トップページ | HCJB 日本語放送周波数変更 その2 »