« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018/11/25

R.Japan国内からの受信レポートに対してもベリカード発行(期間限定)

山下さんのFBからの転載です。
拡散希望とのことです。


NHK WORLD-JAPANから、特別番組に対する国内からの受信報告にベリカードを特例で発行するとのお知らせが来ました。
拡散をよろしくお願いします。
尚、ラジオでの受信の際でも、テレビ映像(ネットライブストリーミング)の同時視聴をお願いしたいとのことです。

------------------------------------------------------

NHK WORLD-JAPANのベリカード国内向け発行を特例として実施
 NHK WORLD-JAPANではラジオ国際放送を海外で聴取して受信報告を寄せたリスナーに対して、受信確認証(ベリカード)を発行しています。国際放送は海外向けであることから、国内での受信については対象外として受信証の発行は行っていません。
 このほど、NHK WORLD-JAPANではテレビ、ラジオ、ネットの垣根を越えて、メディア全体で取り組むインドキャラバン企画 "Influential India"を実施中です。
 この企画に関連して12月7 日(金曜日)にはラジオ国際放送で、特別番組を放送予定です。日本時間の12時30分から14時までの90分問、短波13780キロヘルツでインド向けに、またインターネットライブストリーミングで全世界向けに実施します。使用する言語はヒンディー語、ベンガル語、ウルドゥー語の3言語で、特別番組は言語放送の枠を越えて「相乗り」で進行します。
 13時から30分間は、NHK WORLD TV “Influential India”との同時放送を行い、ラジオ国際放送ではテレビの画面を見ながら3言語のアナウンサーたちがさまざまなトークを繰り広げます。「紅白歌合戦裏チャンネル解説」の「インドキャラバン版」といった趣向です。その他の時間には、東京のインド人コミュニティーからのリポートや、インドのリスナーと結ぶ企画を予定しています。
 今回、この特集番組をラジオで聴いたリスナー、テレビで視聴したオーディエンス、ネットユーザーから届く受信報告に対して、特別のベリカードを発行することにしました。
冒頭で触れたとおり、NHK WORLD-JAPANでは普段は国内からの受信報告にはベリカードの発行を行っていませんが、この特別番組に対する受信報告に限り、国内からの受信報告にもベリカードを発行することとします。
 なお、今回の特別ベリカード発行に際しては、短波放送とテレビ国際放送、インターネットライブストリーミングのうち、どのメディアを視聴したかを必ずお知らせください。


あて先は: 150-8001 NHKワールドジャパン India Special受信報告 です。
 受信報告のあて名には必ず英語で「India Special」とタイトルをお書きください。タイトルが書かれていないと特別ベリカードを発行できません。
             2018年11月22日
             NHK国際放送局多言語メディア部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20181023R.Japan ベリカード

約一カ月で受領できました。
前々回の中国、東莞の長安での受信分です。

Img_20181125_0001s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/23

FT-8モードでDX

ようやく、様々な準備(無線設備の変更届、アンテナ整備、ソフトウェアのインストール)がすみ、QRVです。
記念すべき、再開局のファースト・ライトは、VR2(香港)、AA6(カルフォルニア州)、オーストラリア(VK3)でした。
モードはFT-8。
周波数は14、14、18。

本当は、アナログ、SSBで交信したかったのですが、SSN=0のコンディションどんぞこでは、交信相手を見つけることも出来ず、どうしようもないです。
パソコンを使ったDetaQSOは、コミュニケーションとはおよそ言えず、どうもQSL集めの感じです。
QSLカードの交換ではなくて、いろんなお話しができるといいのになと思っています。
(20年前の私のスタイルはそうでした。)

明日の朝のアメリカのオープンを狙ってCQでも出してみましょかね。

しかし、2エレのHB9CVは思ったほど飛びません。。
やはり、5エレ(昔のアンテナ)はすごかったと実感です。
まずは、「再び始めるアマチュア無線」、開始です。

夕方のオープン時間を過ぎると、14MHzは死んだように静かです。
で、9930kHz T8WH WH.Radioの音楽を聴いています。
英語放送です。
ああ、聴きやすい。(笑)

SINPO=35543
Img_20181123_0001


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/11/22

HCJB 2018年11月ベリカード

チンボラソでの録音スケッチ収録の状況を撮ったベリカードがとどきました。
このプログラムは、臨場感があってなかなか良いと思いました。
その昔、山田耕嗣さんが、短波ラジオ一台あれば、世界旅行をしたような気持になれると言われていましたが、まさしくそれを体感できるような番組でした。

また、この日から、夕刻の再放送が11.905kHzに変更されました。
記念すべきファーストトランスミッションでした。

Img_20181122_0004_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/18

HX52A ミニビーム

やっと、屋根上にあげました。
昨今の超大型台風ですので、前のような5エレのトライバンダーなどはよう上げません。(汗)
色々考えた末に、5バンド2エレのミニビームに行きつきました。
この一本で、14,18,21,24,28にQRVできます。

まぁ、あんまり飛ばないと思いますが、ダイポールやバーチカルやGPよりは良いかもしれません。
屋根の影響を受けているのか、ちょっとしために、SWRのディップ点がでますが、仕方ありません。
しばらく使ってみることに致します。

どうであれ、再開局できました。(嬉)

Img_0311s


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/11/17

上海

木曜日から、土曜日まで、上海に出かけていました。
木曜日と土曜日が移動日で、金曜日みっちり打ち合わせでした。
やっかいなことばかり、今年は発生します。
身が持ちませんが、お役目ならば。。。

R.Japanの日本語放送は、日本に帰る土曜日の早朝に粘ってようやく受信出来ました。
それから666kHzのNHKが上海で聴けたのは驚きました。

Img_6366s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/11

北嵯峨 自転車散歩

思えば、四月の末から自転車に乗っていませんでした。
春から、秋にあっという間のタイムワープです。
ひとえに、仕事が忙しかったことがタイムワープの原因です。

こんなんで、ええわけおまへん。
来年は、仕事の仕方をちょっと考えたいと思います。

さて、久しぶりの、北嵯峨です。
すっかり秋で、広沢の池も穏やか、水辺では紅葉も始まっています。
Img_6356s

Img_6357s

良いお天気で止まっていると暑くもなく、寒くもなく。
走り出すと、汗が出てきますが、風はやはり秋っぽく涼しくて、良い感じです。
一年で、こんな日は何日あるでしょう。
まさしく自転車散歩日和の一日です。
久しぶりの北嵯峨は、良い天気です。
もやもやは走る自転車の後方へほっぽって、、、あーー、すっとする。
向井去来のいおり、落柿舎も色づきはじめました。
Img_6347s

とおもうと、さくらが咲いています。
Img_e6344s

秋の日差しは穏やかで、、
Img_6349s

愛車、バルケッタ・グライダーは益々快調です。
やってきて、4年半ですが、全く問題なく、いたって快調。
そこらかしこの傷で、最近、カンロクが出てきました。(笑)
Img_6353s

今日の走行距離
 23km(バル)

今年の走行距離
21km(TRK)   1回
 0km(BSM)  0回
 0km(BRO)  0回
163km(バル)   3回

今年の走行距離合計
184km
伴走
(ODD:4218kmからスタート)
 0km(BSM)・0回
今年の伴走距離合計
 0km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日曜日の朝ご飯

諸事情で、この週末は、一人ぼっちです。
日曜日の朝ご飯は近居のパン屋さんがやっている喫茶店でモーニング。
ホットドックセットです。
ちゃんとカレーで炒めたキャベツが入っていて美味しいです。
Mpfs3980s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンテナ整備5

結局、市中では、同じ寸法のUボルトは見つからず、水曜日に無線機屋さんから、ミニマルチアンテナ社に発注いただきました。
週末には届く算段で、工事をやってしまいたかったのですが、届きません。
さっさと送ってくれていれば届いているはずなのですが、届きません。

土曜日に、無線機屋さんから電話を入れていただいたのですが、電話に出ないということで。。。
もうかれこれ、2週間以上停滞しています。

200Wのブースタも頼もうと思っているのですが、無線機屋さん曰く、やはり、向こうが、電話に出ないらしく、見積もりもとれません。

あ”--っ!イライラする!!(怒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/10

IC-7300でBCL

まだ、送信用アンテナを上げられずにいますので、303WA-2をつないで、ちょいとリスニングです。
朝のHCJBは良好でした。
SINPO=45544

HF+6mのトランシーバーですが、受信部分は、短波専用受信機なみにいじり放題です。
内蔵スピーカも良いものが付いているようすが、外部スピーカーで聴くと更に音も良く、リスニングにも充分対応します。
20181110_075537

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/11/06

アンテナ整備4

ステンレスねじ、焼き付き解除スプレーが届きました。
かっちん、かっちんに固まっていましたが、ばっちりとれました。
恐るべし、科学の力。。。

かわりのUボルトをさがしてこなくては。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/04

アンテナ整備3

ミニマルチアンテナHX-52Aの組み立て(下準備)を部屋でやっていました。
ヘタをうってしまい、マウントのステンレスねじが焼き付いてしまい、作業ストップ。
あと少しのところで、焼き付き解除剤を発注(いらぬ出費で5000円)し、到着をまたなくてはならなくなりました。
気を付けていたつもりでしたが、「やってまった」という感じで、脱力です。
来週末良い天気であれば、ファイナルアプローチになりそうです。

アンテナ工事は、無線機屋さんに任した方が、ラクだ!!
(時間が、モッタイナイ。。。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/03

HCJB 日本語放送周波数変更 その2

本日より、夜の再放送が、11905kHzに変更されました。
受信してみましたが、大変良好でした。
SINPO=45544
Sメーターはピークで、+20dBを軽く越えます。
SINPO=55544を付けても良い強さでした。
フェーディングがややあるものの、シグナル自体が強いので、気にはなりませんでした。
周辺に妨害を与える放送もなく、新周波数は、グッドチョイスです。(笑)

追記:
11/4の夜の放送の受信状態は、良くありませんでした。
しばらくモニタリングが必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/01

HCJB 日本語放送周波数変更

10月に入ってからの夜の放送が入りにくいということで、しばらくモニタリングをしておりました。
確かにスカスカで、ALA1530+NRD545でも聞こえにくいですから、ポータブル+ホイップではおそらく聞こえますまい。
クヌヌラ送信所のエンジニアStephenさんにメールをして、かくかくしかじか。。
アンテナの調子がわるいとか、送信出力に問題があるとかではなさそうです。
webの電波伝播サイトを見ますと、この季節の20時あたりの日本=オーストライア間のプロパゲーション確度は30%とあまり良い数字ではありません。
25mb以下が良いだろうということで、Stephenさんにその旨を連絡しました。
アンテナの都合と送信機の都合、なによりも、空きチャンネルの発見もあるでしょうから、ちょっと探索がいるかなと思っておりましたら、早速夜の放送は11905kHzにQSYする旨の連絡がありました。

I am sending this note to inform you that as of this Saturday Evening (1055 UTC) we will be changing the Japanese broadcast to 11905 kHz. Propagation should be better on 25 mtrs than 19 mtrs at this time of day at this point in the Sunspot Cycle. It will be very interesting to hear how the program arrives in Japan.
The morning broadcast (2225 UTC) will continue on 15410 kHz as it has been.
May God continue to lead us closer to HIM,
Stephen

しばらく、ワッチして、混信状況などをお伝えしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »