« BCLとアマチュア無線 | トップページ | 20190118R.Japan ベリカード »

2019/02/18

再開局後初めてのQSL E51BQ

A40A、SASEで到着。
South Cook Islands E51BQ BobからのQSLです。

PhoneかCWでQSOしているはずですが、再開局後初めての返信ということで嬉しいです。

E51bq


|

« BCLとアマチュア無線 | トップページ | 20190118R.Japan ベリカード »

コメント

NGOさん、おはようございます。
アマチュア無線のことはよくわかりませんが、かなり遠くまで交信できるのですね。びっくりです。

投稿: hiros_bcl777 | 2019/02/19 05:47

NGOさん、こんばんは。
遠方局の受信も魅力ですが、遠方局との交信もこれまた魅力なんでしょうね。QSLカードのデザインも局長さんの個性が反映されて面白いんですよね。

投稿: BCL大好きオヤジ | 2019/02/19 19:25

hiros_bcl777さん、
最近のはやりはデジタルモード通信で、「ハローCQ」も言わなければ、モールスもたたきません。
パソコンを繋いで、「こちょこちょ」とすると通信が始まります。
パソコンでやる電信みたいなものですから、ローパワー+ちょっとしたアンテナで結構飛んでいきます。
年末からほんの数カ月で65エンティティー(国)ですから結構ええ感じです。
かつて、SSDで、「ハロー」としゃべっていた時は20年かけて230エンティティーですから、デジタルモード恐るべしです。
ただし、デジタルモードは無味乾燥でコミュニケーション主軸ではなくQSLカード交換が主体で、なんだかなぁという感じはあります。

投稿: NGO | 2019/02/20 18:42

BCL大好きオヤジさん、
コメントありがとうございます。
全文から続きます。
本来、ボイスや、トンツーで遠隔地の人と「会話」をするというのがだいご味なのですが、デジタルモードでは、パソコン同士でやり取りしてる感じ(決まった電文を送っているだけ)で、本来ではないように思います。
今はコンディションが悪いので、ボイスで話すのはちと厳しいかもしれませんね。
でも短波の放送バンドと違って、中国以外の国の局がいっぱいいます。(笑)
これは良いです。
ベリカード同様、各局のオリジナルQSLも見ていて楽しいです。

投稿: NGO | 2019/02/20 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再開局後初めてのQSL E51BQ:

« BCLとアマチュア無線 | トップページ | 20190118R.Japan ベリカード »