« 関西花の寺 京都 法金剛院 | トップページ | TECSUN S-2000復活 »

2019/07/14

ELAD FDM-S2のちょっとした不都合

ソフトウェアをVer3.019にしてからだと思うのですが、5秒に1回、数十ミリSec程度、ソフトウェアがひっかかります。

PERSEUSやその他のソフトは大丈夫なので、FDM-S2特有のもんだいだと思うのですが、ユーザの皆さんいかがでしょうか?

引っかかるというのは、マウスのスクロールホイルで周波数を移動させているとき、5秒に一度くらいの感じでちょっと引っかかる感じです。

数は数表示のバーをつかんでドラッグするときなどもちょっとひっかかます。

音声再生や受信、その他の機能に影響をおよぼしませんので、大きな問題ではないのですが、ちょっと気になります。

 

最近、PERSEUSよりもFDM-S2を立ち上げる方が多いです。

「単体」で留守録できたり、DRMの復調が出来たり、Noise Reductionの機能が優秀だったり、PERSEUSより心持ですがS/Nが良かったりが理由です。

再生音も、PERSEUSよりは角がとれ、そして聞きやすいと感じます。

であるのに、動作がちょっと引っかかるのが気になります。(笑)

 

|

« 関西花の寺 京都 法金剛院 | トップページ | TECSUN S-2000復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関西花の寺 京都 法金剛院 | トップページ | TECSUN S-2000復活 »