« 2019年の目標達成は? | トップページ | 2020年の目標 »

2020/01/01

明けましておめでとうございます。(2020年)

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくおねがいもうしあげます。

2020

去年は、RIGの整理をしました。
NRD-545を放出、その代わりIC-7851がやってきました。
7851はもうやけくそ導入でした。(笑)

大変良く出来たトランシーバ(=受信機)であります。

去年は、12月29日に中国より帰国しました。実に3週間の長い出張でしたが、その間に東莞市の中心地に遊びに行くことが出来ました。
とんでもなくデザインされた高層ビルが無数に立ち並び、モールは広く、地下の駐車場は超巨大で、空きスペースの誘導を表示版がしてくれます。また出庫は携帯電話とナンバープレートが紐づいており、カメラでナンバーを認識全くストレスなく出庫ができます。
支払いは、携帯電話のソフトから引き落とされます。
モールのなかは大変美しく、曲線を描きながら上昇するエスカレータがありました。(映画の中の未来都市のイメージ)
街ゆく人たちは、綺麗な身なりで道路には、外国の高級車がピカピカでバンバン走っています。
ほとんどの大学生は英語でのコミュニケーションが可能で、中には日本語のできる人もいます。
高い確率で、ダブルディグリー(経済学と商学、電子工学と材料工学など)を取得しており、日本の学生の様に、大学に入ったとたん、単位をとるためのぎりぎりの勉強をし、あとはマージャンや、遊興の呆けているということはありません。
これから彼らは、経済の中枢に出てきて仕事をし始めます。
昨年の中国のIP出願件数はアメリカに次いで100万件、日本は30万件にとどまります。

軍事力はわかりませんが、ここ10年で中国はGDP世界一になるかもしれません。
人口(=素の国力)も増加しており、日本の様に、1億人を切りそうだどうしようということもありません。
人々の高いバイタリティーは、日本人には少ないと思います。
東莞は、中型の地方都市にすぎません。
ニューヨークより、東京よりすごいというのが実感です。
もう完全に負けています。
GDP世界第2位は伊達ではありません。

かたや、GDP第3位ながら、大きく差をつけられ、労働賃金、先進国中、最低のニッポン。
どうするニッポン。

とんでもない危機感を感じて帰ってきました。

|

« 2019年の目標達成は? | トップページ | 2020年の目標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年の目標達成は? | トップページ | 2020年の目標 »