2019/10/19

再びシャック模様替え

やはり、受信機がないのはさみしいです。

ということで、TENTEC RX340とSANGEAN ATS-909Xを戻しました。

ALA-1530LNを4分配して、IC-7851、RX-340、PERSEUS、FDM-S2に給電。

ATS-909Xには303WA-2をつないでいます。

落ち着きました。(笑)

20191019s

| | コメント (3)

2019/10/13

関西BCL 秋の串&ドテ焼き会 2019

恒例、秋の串&ドテ焼き会です。

いつもの、ミナミのいっとくさん。

ここのドテ焼きはとても美味しいです。

Img_7598s

昼間のミナミ。

もちろん、昼のひなかから、べろべろに酔っ払っているローカルのおっさんもいますが、ガイジンさんが無茶苦茶います。

ココハニホンカ?と言えど、もう大阪丸出しの雑然とした感じ。すっきゃでー、ミナミ。

Img_7597s

串最高!

Img_7599s

こんな感じで。

後ろのおネイさん方は、名古屋から串を食べに来た人たち。

飛び入り参加です。(笑)

Img_6824ss

 

夜はまた違った表情です。

Img_7603s

| | コメント (4)

2019/09/29

シャックの整理

無事第一回目の断捨離が終了しました。

手元に残っていても直ぐに使わない受信機もかたずけました。

すっきり。

PERSEUSとFDM-S2とIC-7851

うつっていませんが、スピーカーの上には7600GRとDE-1103とATS-909Xがあります。

アンテナは、ALA1530LXと303WA-2

 

左のスペースには、新しいスピーカーがおさまります。

IC7851でBCLですが、放送を聴く受信機としても素晴らしい性能を持っています。

留守録が出来れば最高なんですが。。。

タイマーON/OFFができますから、ファーム改定で出来そうな気がします。

Img_0513s

しかし、コンディションが悪いですね。秋というのに。。。

| | コメント (4)

2019/09/16

断捨離開始

いよいよBCL断捨離を開始しました。

第一弾は、NRD-545とプロシード2800とICOM IC-7300です。

第3弾か4弾まで続く予定で、すっきりします。

BCLは、複数のSDRとIC-7851で充分OKです。

Jrc

| | コメント (2)

2019/09/06

令和版 BCLマニュアル雑感

中国から帰国して、すぐにネット予約しました。

本日、帰宅したら到着していました。

時代に合わせて、少しの新しい記事と、記事、情報の追補、それから、故 山田耕嗣先生との思いでを語るBCL各氏のお話し、山田先生にまつわるお話しが掲載されていまして、1975年初版BCLマニュアルで育ったBCLの45年ぶりの「同窓会誌」という感じにも思われました。

記事構成と挿絵のタッチなど大変なつかしくページをめくっています。

 

考えてみれば、ご多分にもれず、NGOもBCLという趣味に出会っていなかったら、全く違う人生になっています。

東京のハムフェアのあと日本短波クラブの懇親会で、山田先生の向かいに座らせていただけることがあり、「そうですか、京都からですか。千葉に遊びにいらっしゃい。」と言っていただいたことを思い出しました。

「僕なんてね、今はもう、これよ、これ!、がっはっは!」と言って、使い込まれてスピーカーのところが、ボコボコになった、ソニーICF-SW7600G(黒いやつ)を出して見せてくださいました。

なつかしい思い出です。

山田先生のBCLログブックを一冊預かっています。
2002年から、2003年の1月まで、KBSの受信内容が豪快な字で、びっしり書き込まれているアドカラーのBCLログブックです。
ログを見ますと、このころは、KBSをずっと聞いておられた感じです。
「コアラ」、「ラッコ」、「ひまわり」などアナウンサーの愛称が一杯書いてあります。(笑)

Bclmanual

| | コメント (4)

2019/09/01

KTWRの日本向けDRM放送時間変更に関するアンケート

現在、KTWRのSteve Brunson氏から大阪の影山OMは、KTWRからの日本向けDRMの放送時間の相談を受けておられるとのことです。
日本向けの放送が減少する中、新しい試みとして、日本のBCLの皆さんのご協力をいただきたいとのことです。
ご意見をいただきたい内容は、放送時間です。
現在の放送は19:15(JST)スタートですが、これでよいかあるいは、変更すべきかということで、変更するのであれば、21:15(JST)
なのですが、どちらが良いか?
ということだそうです。
KTWRのSteve Brunson氏 から、日本のBCLの意見を聞きたいということです。
恐れ入りますが、下記URLの「伝助」にご意見をあげていただきたくお願い申し上げます。
集計を影山OMの方でなされ、Steve Brunson氏 に報告されます。

放送周波数は、どちらの場合も、11995kHzです。
ttps://densuke.biz/list?cd=NC7GVaCFWYnxXkzf (ttps:はhttps:と打ち換えてください。)

| | コメント (1)

2019/08/31

20190819中国東莞出張

今年4回目の中国出張でした。

7/29から出発8/8に帰国。8/9に帰朝報告。

8/10-8/18お盆休み。

8/19-8/31の出張。

8月にオフィスにいたのはたった1日という。。。(笑)

またまたも香港は、大騒ぎの真っ最中でした。

帰国が、土曜日で良かったです。

金曜日は大規模デモ。日曜日は空港閉鎖でした。

土曜日の空港は、あまり人は多くなく、空港に入るのに航空券を見せないと入れない厳重チェックでした。

Img_7503s

今回ラジオはD-808を持っていきました。

週末は台風で雨降り。。。

ホイップを窓に引っ掛けて、R.Japanを聞きました。

Img_7499s

Img_7498s

| | コメント (0)

2019/08/10

2019関西BCL恒例 夏のビア会

暑い夏と言ってられないくらいの猛暑です。

38℃って、あーた!我々が子供のころで言えば、32℃をこえたら大変だったんではないでしょうか?

しかし、最近は、簡単に体温越えします。

皆さん、ご自愛ください。

さて、恒例のビア会です。

今年は、影山ビア会幹事長閣下ご選定のベルギービールバーです。

フルーティーあり、ニガイのあり、うまかったです。

2軒目は、今回初めてのワインバーでしたが、こちらも良かったです。

ワインがリーズナブルで、旨い。

あてがまたうまい。

サーブしてくれるおねいちゃんが、有村架純さん似でかわいい。(笑)

場所は、絶対教えません。(爆)

 

これは、一軒目のベルギービールバー。

20190810bclss

 

| | コメント (3)

2019/07/27

IC-7851でBCL

朝から、HCJB日本語放送を聞きました。

最近やって来た、ICOM IC-7851は本当に静粛な受信機です。

内部雑音ゼロといってよいほど。

受信アンプ1とハイゲインの2がありますが、2を選択してもノイズフロアは上がりません。

魔法のようなアンプで、目的の受信音だけが浮かび上がります。

ノイズもターゲットも全体に上がる。。。なので、Sメータ読みはあがっても、S/N比は一緒だべということがありません。

不思議ですね。

Dualワッチも出来ます。

混信除去機能もふんだんです。

こんなことと思ったことが大概出来ます。

弱点などもきっとあると思うのですが、掘り起こしはこれからです。

ルーフィングフィルタは強力な局からの隣接混信を排除してくれます。

ええ感じです。

トランシーバーですので、アマチュア無線なのですが、、

200Wを安定してフルデューティーで出力できるというのはやはり強力です。

これの上というともうリニアアンプしかないわけですから。

100Wと比較しますと、良く飛んでいることが体感できます。

 

今朝のHCJB。

上がALA1530LN(4分配)

下が、TA341(4エレトライバンダー、14MHzに使えるので、ほぼ同調)

ビームの方が強く受信できているようにみえますが、ALAは4分配していますので、僅差だと思います。

20190727_072656

| | コメント (5)

2019/07/23

IC-7651着艦しました

ひょんなことで、我が家にやってきました。

無線(ラジオ)人生最終のオオモノです。

これ一台で、BCL/HAM両方がパーフェクトになる「はず」です。

最終的には、どっちもアンテナなんですけど、今のところに居る以上どうにもなりません。。

まずは、じっくり使ってみます。

Img_7333s

| | コメント (5)

より以前の記事一覧