2016/11/05

ぬぉーっ!アンテナが。。

この間の支那へのお出かけで、持って行ったPL-380のロッドアンテナの先がすっぽ抜けました。
そんなに力いっぱい引っ張ったわけではないのですが。。。(泣)

しかたないので、右側のOEMマシンRAD-S800Nのアンテナを左のPL-380に移し替えます。
月曜日からまた支那にお出かけですので、直しておかないと。。。

Img_0008s


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/03/06

ICOM IC-R75ディスコン(生産終了)

Icr75

詳しくはこちらから、、、

The SWLing POST
http://swling.com/blog/2016/03/the-icom-ic-r75-is-being-discontinued/

どうやら、ガセではないようです。
確かな複数の情報筋からのInfoらしいです。

国内のICOMのページではまだ何も書かれていませんが。。。

かれこれ発売から16年だそう。
Universal Radioでは、DSPユニット付きで620USDでスペシャルオファー中だそうです。
我が家にも一台あります。
シンプルな使いやすい受信機です。
BCLラジオではちょっと不足。。。という方の最初の受信機として必要十分以上の性能を持っています。

これで、国産のBCL受信機はIC-R9500だけですね。
AORのは、国産ではなさそうですし、しかもBCL受信機というよりはスキャナーですし。。

いずれにしても、高すぎて手が出ません。

さみしいなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016/02/28

17760kHzHCJB 日本語放送 by Reach Beyond Australia

0730-0800(JST)
17760kHz
SINPO=55544

大変 良好。

ELAD FDM-S2+クッシュクラフトR8Jの組み合わせ。

2台あるPERSEUSの内、1台PCから外し、SDRはFDM-S2とPERSEUSの2台。

現在のアンテナとのコンビネーションは

PERSEUS+ALA1530LN
NRD545+ALA1530
ELAD FDM-S2+クッシュクラフトR8J(2分配)
TENTEC RX340+クッシュクラフトR8J(2分配)
IC R75+303WA-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/17

17760kHzHCJB 日本語放送 by Reach Beyond Australia

案の定起きられませんでした。
留守録をセットしておいて正解!

SINPO=45544

ロドリゴ・ロドリゲスさんへのインタビューです。
ロドリゲスさんのギターが素晴らしい。

RX: ELAD FDM-S2
ANT: LA800(AOR)

そういえば、ELADから新しい受信機が発売されました。
もともとトランシーバだったものの送信機分を外して、ソフトを作り直した感じです。
開発費はあんまりかかっていないけれど、販売母数を大きく見ていないのか、800ユーロ超で高いです。

でもかっこいいなぁ。。欲しいなぁ。。うーーん。
高い。。。(笑)
Duor


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/09/27

ICOM SP-23 その2

アンプを組み込もう。
さてどこに基板をセットして、ボリウムとDCアダプタのジャックの穴はどこにあけようか??とふたを開けてみました。

おおっ、流石高級品!
今持っている通信型受信機ようのスピーカがガランドウばかりでしたが、なんと、防音材が入っています。
感心しました。

穴明け加工、回路改造、部品組み付け、はまた来週。。。(多分、明日。。。)

Img_1737s Img_1740s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/24

ICOM SP-23

APEXさんでPERSEUS用外部スピーカーを購入しました。
発注した翌日に到着します。
いつもながら早い!
PERSEUSには今まで、音楽用のアンプ付き小型スピーカを使用していました。
SP-23は真ん中の音声帯域重視のようで、人の声が良く聞こえるようになりました。
スピーカーとしてはちと高いですが、良しとします。
4種類の帯域フィルタはあんまり意味がないようです。(効きが甘すぎる)

Sp23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/22

SANGEAN ATS-909X

間もなく、終売になるかもしれないということで、昨夜ポチッとしましたら、今晩にはもう到着です。(早っ!)

ご本人様からご本人様へお中元です。(笑)

SANGEANのラジオは、1997年購入のATS-808(台湾・新竹市で購入)、2004年に購入のATS-404(米国・ラスベガス市で購入)に続き、3台目です。

普通に使うには、取説は不要ですが、メモリにアクセスしていろいろいじるには、取説を読まねばなりません。
(チョットヤヤコシイ。。。)

スピーカーはもう少し大きいのが付いているのかなと思っていたのですが直径7cmちょっとのものです。
しかし、歪みもせず、まぁまぁ良い音です。

FMの感度は良好。
中波は普通です。
短波はこれから。。。

良い寝ラジオになってくれると良いのですが。。。

Img_1720s


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/07/21

えへへっ(嬉!)

S2000のボリウムは調子悪いし(小康状態)、ジャイロアンテナ装備のくせに、中波の感度も良くないし(PL380に負けてますな、というのは言い過ぎか??)、、、、

思い切って一台新調しました。
夏の季節の贈り物(自分向け)です。(笑)

木曜日には来そうです。
2月にRAD-S800Nを買って以来ですので、久しぶりです。
豊かに良い音で、最良寝ラジオになってくれたらいいなと思います。

S-2000は放出決定です。
短波は悪くないんですけどね。

ああ、嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/09

RAD-S800N

オームさんにTECSUNからOEMされているラジオです。
オリジナルはPL-380。

明日からの出張で、どっちを持っていこうかと電池を入れていじくっていましたら、今更ながら気が付いたことが。。。

安全の観点からか、S800Nは、充電池充電機能がありません。
単三電池3本の仕様です。

かたや、PL-380は乾電池で使う設定と充電池で使う設定があります。
充電池の電圧は満充電時で、1.2Vですので、3本で動作しますので、3.6V
かたや、電池であれば1本あたり、1.5Vですので4.5Vとなります。
乾電池モードしかない(切り替えがない)S800Nで使いますと、満充電でもディスプレイの電池のエネルギー残表示はブロックが一つ減ったところからのスタートとなります。
(PL-380は切り替えがあるので問題ありません。)

充電池を使いたい人は、PL380のほうがよいかもしれませんね。(精神衛生上。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/06

TECSUN S2000不調

音量ボリウムがいかれかけています。
ボリウムを持って上下左右に軸をこじりますと、急に音量が大きくなります。
普通にボリウムを回しても、音量の調整が出来ずに急に大きな音が出てきたりします。
基板とボリウムのはんだ不良かなと思い、S2000を開腹しました。
Img_0199s

結構しっかり作ってあります。(でも、ふた世代前の感じです。)
スピーカは大きいのが付いています。

AF基板はこれ。
調子が悪いのは一番左下のボリウム。
Img_0201s

ハンダは目視する限り特に問題はなく、念のために追加でハンダを盛りました。
ボリウムをぐりぐりしても大丈夫なことを確認して、作業完了。
ハウジングに収めて聞いてみますとやはり、ボリウムの調子が悪いです。
さっき直っていたのは、追ハンダした時の熱か何かで一時的に直ったように見えていただけのようです。
静かに使う分には小康状態ですのでしばらく様子を見ます。
同じボリウムは日本では調達できないでしょうから、おかしくなったら、殿堂入りしてもらいます。
2012年の8月に買いましたので、おおむね3年で不調。
3年もったとみるのか、たった3年と見るのか。。。。
ちょっと高かったのに。。。

GrundigヨットボーイPE400は2004年購入で10年以上になります。
ヨットボーイ、偉い!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧