2020/08/08

ウェザーステーション

今日からお盆休みの9連休です。(やっと、お休みだ。。といっても持ち帰り仕事あり。。)

 

ルーフタワーにつけていたおもちゃのウェザーステーションのソーラーパネルが浸水により動作しなくなったので、本格的なものに買い替えて設置しなおしました。

Vatage Vuetoいうアメリカ製のウェザーステーションです。

壊れたものと測定できる項目は一緒ですが、オールインワンでなかなか良い感じです。

日本の技適をクリアしたワイヤレスです。

室内外の気温/湿度

風向、風速

気圧

お天気予測

結露温度

月齢

日の出/日の入

降雨量

流星群情報

などの年間記録やMin/Maxなど

 

これで、風速と風向が測れますので、台風が来た時にアンテナをどちらに向けて固定すれば良いかわかります。

といっても、すごいのが来たときは、もう何をしても同じです。(笑)

じゃ、なんのために付けてるん?は、カミさんの質問です。

「さぁ?。。」(笑)

 

センサーユニット

Img_0860s

表示部

Img_0862s

| | コメント (2)

2020/04/24

New QSL

新しいQSLカードが出来上がりました。

今度の意匠は、カミさんの水彩画です。

稲庭うどんのお店のスケッチです。

稲庭うどんは秋田がお里ですが、まぁ、DX-QSO向け、日本の風景ということで。。。

前の竹の小径QSLが2018年の11月制作でしたので、1000枚を1年5カ月ほどで使ったことになります。

私としては、まぁまぁのペースです。

202003260842320001qsl_s_add

| | コメント (2)

2020/04/07

FB NEWS

20191019sa

この1月から、FB NEWSというWebマガジンでコーナーを持たせていただいています。

早いもので、4回掲載していただきました。

BCLにやや軸足でアマチュア無線とかアンテナとか。。

良かったらご覧ください。

 

第一話 IC-7851をBCLに使いたい7つの理由

第二話 IC-7851に2種類のアンテナをつないで聴き比べる

第三話 IC-7851とRX-340を聞き比べる

第四話 モノポールアンテナとIC-7851

 

| | コメント (0)

2020/03/08

マルチバンドアンテナの設置

やっと資材がそろい、週末のアンテナ建てにこぎつけました。

6mのモノポールに10mと5mのカウンタポイズを7本。

ATUに4:1のUN-UNバランです。

これで、7,10,18,24,50MHzにQRV可能になりました。

Img_0620s

 

| | コメント (0)

2019/10/19

再びシャック模様替え

やはり、受信機がないのはさみしいです。

ということで、TENTEC RX340とSANGEAN ATS-909Xを戻しました。

ALA-1530LNを4分配して、IC-7851、RX-340、PERSEUS、FDM-S2に給電。

ATS-909Xには303WA-2をつないでいます。

落ち着きました。(笑)

20191019s

| | コメント (3)

2019/10/11

シャック近景

専用のスピーカーとCWパドルをやっと引っ張り出してきました。
再開局してからこのどん底コンディションですので、Phoneでは飛ばず、もっぱら、Digital(FT-8)モードでの通信です。
自由度ということではCWですので、耳と指のサビを落として、楽しもうと思っています。
専用スピーカは高価でしたが、良い音がします。
ぴったりフィットしますし、申し分ありません。

Img_0518s

| | コメント (2)

2019/10/04

アンテナの遍遇

部屋を整理していたら、アンテナの写真が出てきました。
これは、93年3月13日の日付があります。
3mのクリエイトのルーフタワーの上に18MHzと24MHzのRDP(ロータリーダイポール)をあげその上にナガラさんのHX-330をあげています。
HX330は14,21,28のトライバンダーです。
軽量であるので、随分上にまで上げています。
HX-330はHB9CVタイプの位相給電アンテナでバンド幅を大きく撮れるのが特徴です。
1エレメントドライブの3エレより飛ぶという話もありますが、バンド幅が広くとれるよう工夫されている3エレですので実質は2エレビームの感じです。
この頃は、WARCバンドにQRVしている局があまり多くなく、RDPでも結構よく飛びました。(CWですが。。。)

Img_20190923_0001s

 

次の写真の日付は、93年9月26日です。
上の写真の6か月後です。
ルーフタワーが4mモノになっています。(驚)
ハーネスは12本張ってます。
下に、ナガラさんのTA-351が上は、たぶんナガラさんの7MHz、10MHzのRDPです。
TA351は5エレメントありますが28MHzだけが5エレメント動作です。
しかし、2エレ位相給電ですので、実質は4エレ、ほかの14MHz、21MHzは3エレメント動作です。
このアンテナは重量級です。
一人で良く上げたものだと感心します。
(まぁ、まだ若い頃でしたが。。。(笑))
このTA-351は良く飛びました。
この頃は、今のような超大型の台風は年に1回とかでした。

Img_0003s

 

現在はこんな感じ。
上2枚のちょうど間という感じです。
TA-341はTA-351のディチューンモデルです。
ブームが少し短くなって、5エレが4エレです。
重量も、ほんの少し軽いです。
ルーフタワーが3mですのでちょっと低いですね。
もう少し上げたいですが、台風を考えるとこれが精いっぱいです。
上げたのが2019年5月3日ですので、上のアンテナから25年以上たっています。
月日の経つのは本当に早いです。
使う人間も25年が経過しています。
よく工事が出来たものだと感心します。
「一心ノチカラ」ちゅうのは我ながらすごいものです。(笑)

 

Img_0332s

 

実はこの前に2018年11月にいったんこういったミニビームをあげています。
小さいくせに、14,18,21,24,28MHzの5バンドをカバーするミニマルチさんのアンテナです。
18MHzは飛びましたが、他はだめで6カ月で降ろしてしまいました。
結構高価なアンテナでしたが、飛ばなければ仕方ありません。(汗)

Img_0311s

| | コメント (0)

2019/09/05

久しぶりのDXCC申請

太陽黒点がゼロ進行中という、サイクルの谷間に再開局。

12月から9カ月で、デジタルモードでDXCC=100が達成できました。(LoTW)

MIXでは240になりました。

紙で返ってきているエンティティーもチラホラあるので、デジタルは110くらいはあるかなと思います。

こつこついきたいと思います。

しかし、最近は、eQSLやLoTWで、紙のQSLを交換しなくても良くなり、アワード申請は便利になりました。

なんでもネットでできてしまいます。

昭和と言われようが、Phoneでお話しし、紙QSLを交換するのが、情緒があるというか、なんといいますか、好きです。

201904dxcc

 

 

| | コメント (2)

2019/07/23

IC-7651着艦しました

ひょんなことで、我が家にやってきました。

無線(ラジオ)人生最終のオオモノです。

これ一台で、BCL/HAM両方がパーフェクトになる「はず」です。

最終的には、どっちもアンテナなんですけど、今のところに居る以上どうにもなりません。。

まずは、じっくり使ってみます。

Img_7333s

| | コメント (5)

2019/07/20

CQ出版社から

瓦版BCLワンダラーへの投稿のお礼だそうで、CQ出版社のご担当者様からマイクロクロスが届きました。

嬉しいぢゃないですか。

このセチガライ世にあって気持ちの良いことです。

執筆ご担当の長谷川さん、出版社編集のxxさん、ありがとうございます。

RIGのLCDディスプレイ拭きに使わさせていただきます。

Img_7321

| | コメント (0)