2017/10/14

落語と日本酒

京都の松井酒造さんで行われた桂雀三郎師匠の落語会に行ってきました。
酒造メーカーの中で行われる落語会で、美味しいお酒をいただきながら大笑いです。
お酒は試飲と言いながらいくらでも飲ませていただけます。
美味しいお酒を造る酒蔵さんです。
落語も、さすが、「爆笑王」 枝雀師匠のご一門です。
枝雀師匠のあの「間」と「笑いは緊張と閑話」を引き継いでおられます。

そのあと飲み足らずに(小腹もすき)、いつもの日本酒ばーへ。
先に飲んでいますので少し少な目。
いつもながら美味しいお酒と肴であります。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/09

今月の1本:キリン御殿場蒸留所ブレンダーズチョイス /2017年10月

去年のお誕生日のいただきものです。
市販されているボトルではなく、おそらくは企画ものです。
キリンの御殿場蒸留所で作られた、シングルモルトとグレインウイスキーです。
それぞれ別々で飲んでも良し、好みで合わせて飲んでも良し。
モルトは、8年から10年物クラスのお酒を合わせたモルトのようです。
とんがったところは少なく、注意深くテイスティングしますと若いエステルを感じることが出来ます。
少しビターあとは、甘く舌に残ります。
香りの余韻は長く残りませんが、爽やかなシングルモルトです。
甘みは、熟した洋ナシ、リンゴの香り。
方やグレンウイスキーは穀物の甘さと香ばしさを備えていて、美味しいです。
何も、モルトだけが正調ウイスキーではないだろうという気になります。
甘く薫り、樽の木の香りが良く移行しています。
一対一、あるいは、グレインを少し多めに入れてロックで氷が少し溶けたところで飲むのがベストの様に思われます。
ウイスキーの甘みの旨さを教えてくれるセットです。

R0013323s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/01

松尾大社の酒祭り

松尾大社はお酒の神様です。
今日は日本酒のお祭りです。
たらふくいただきました。

Img_4552s

Img_4548s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/30

今月の1本:ARdbEG CORRYVRECKEN /2017年9月

アードベッグ コリーブレッカンです。
アイラの雄。
BowmoreをアイラモルトのQueenとするならば、ARdbEGはまさしくKingです。
他にも、甲乙つけがたいアイラの雄はいますが、あえてアードベッグをKingとしたい。
荒々しい王様です。
煙たく、クレオソート。
しかし、その後から、甘みやら、コーヒーやら、チェリーやらがやってきます。
少し加水して、ツワイスアップでのむと、旨みはそのままに、穏やかな煙の波がやってきます。
10年モノも旨いですが、こちらに一票。

Img_0039s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/01

今月の1本:DALMORE 12Years /2017年8月

さて、12年モノです。
2016年2月に購入しました。

色は、3年若いだけあって、15年モノより少し薄いです。
15年と比べると木質系の味や香りはやや後退しています。
(しかし、風味は充分あり、あくまで15年との比較です。)
ロックで飲むと、スムーズであり、レーズンやその後ろに熟した梨。
シトラスが薫ります。
飲みやすさは12年かもしれません。
でも、どっちも美味しい。
12年、15年とも普段飲みにはちと高いお酒です。
半額くらいならいいのになぁ。。

Img_0033s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/31

今月の1本:DALMORE 15Years /2017年7月

最近、友人からいただきました。
シェリー樽で熟成されているだけあって、非常に濃い茶色です。
木質の香りが強く、その奥にシェリー樽の移香。
熟成した柑橘系+好ましい苦みがあります。
非常に複雑で深みのある面白いハイランドウイスキーです。
オンザロックでも、ツワイスアップでも、旨さが逃げず、個性を保ったままそこにいます。
12年物もあるので、こんど飲み比べてみます。

Img_0030s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/02

日本酒バー

落語を見てきました。
桂塩鯛師匠の40周年記念です。
落語は面白いですね。
最後の噺は、「船弁慶」でした。

その後、興がのりまして日本酒を飲みにいつもの日本酒バーへ。

今日は4種類
どれもGood!でありましたが、竹島事変がおいしかったです。
Photo

肴はいろいろ。
海老の沖漬は間違いなく美味しいです。
季節の鮎飯が絶品でありました。
最後は、肝醤油を垂らしていただきます。
旨し!
Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/01

父の日だそうで。。

下のボーズが、仙台からお酒を送ってきてくれました。
宮城の蔵元と行っている大学がコラボして作ったお酒らしく。。。
学校の名前が小さく入っています。(笑)

早速いただきましたが、甘くふくよかで大変おいしいです。
ありがとう!
ごっつぉーさん。(ごちそう様)

Img_4309s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/21

日本酒バー

3年ぶりの知り合いと行ってきました。
日本酒は旨いです。
いつもの市内の日本酒バーです。

朝から大雨でしたが夕方には雨も上がり、シメで入ったラーメン屋さんで二人とも見事に置き傘。
次の日に取りに行きましたとさ。(笑)

今日は5種類。
Photo

一風堂のラーメン
シメのラーメンです。
初めて食いましたが、よくできています。旨し!
流石初代麺王のカンロクです。
Img_4301s


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017/06/08

今月の1本:NIKKA COFFEY MALT WEHISKY /2017年6月

ニッカウヰスキー宮城蒸留所がもつ、連続式蒸留施設 カフェ式スチルで作られたニューメイクを寝かせて作ったウイスキーです。
シリーズとしては、大麦を発酵させた原液を連続スチルしたこのカフェモルトと、トウモロコシなどの穀物から作られたグレンモルトの2種類があります。
今回は、カフェモルト。
スチルポットで単蒸留したニューメイクから作られるシングルモルトとはやや味わいを異にします。
似てると言えば、ローランドの甘く薫るウイスキーでしょうか。
甘く薫り、ふわりと口に残り、熟した梨のようなの甘さがとどまります。
加水するとさらにその傾向は高くなり、華やかなウイスキーです。
アイラに代表されるスモーキーでピーティー、男性的と言っても良いウイスキーとは違った、女性的ともいえるもう一方の旨さがあります。
Img_0025s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧