2019/09/29

シャックの整理

無事第一回目の断捨離が終了しました。

手元に残っていても直ぐに使わない受信機もかたずけました。

すっきり。

PERSEUSとFDM-S2とIC-7851

うつっていませんが、スピーカーの上には7600GRとDE-1103とATS-909Xがあります。

アンテナは、ALA1530LXと303WA-2

 

左のスペースには、新しいスピーカーがおさまります。

IC7851でBCLですが、放送を聴く受信機としても素晴らしい性能を持っています。

留守録が出来れば最高なんですが。。。

タイマーON/OFFができますから、ファーム改定で出来そうな気がします。

Img_0513s

しかし、コンディションが悪いですね。秋というのに。。。

| | コメント (4)

2019/07/27

IC-7851でBCL

朝から、HCJB日本語放送を聞きました。

最近やって来た、ICOM IC-7851は本当に静粛な受信機です。

内部雑音ゼロといってよいほど。

受信アンプ1とハイゲインの2がありますが、2を選択してもノイズフロアは上がりません。

魔法のようなアンプで、目的の受信音だけが浮かび上がります。

ノイズもターゲットも全体に上がる。。。なので、Sメータ読みはあがっても、S/N比は一緒だべということがありません。

不思議ですね。

Dualワッチも出来ます。

混信除去機能もふんだんです。

こんなことと思ったことが大概出来ます。

弱点などもきっとあると思うのですが、掘り起こしはこれからです。

ルーフィングフィルタは強力な局からの隣接混信を排除してくれます。

ええ感じです。

トランシーバーですので、アマチュア無線なのですが、、

200Wを安定してフルデューティーで出力できるというのはやはり強力です。

これの上というともうリニアアンプしかないわけですから。

100Wと比較しますと、良く飛んでいることが体感できます。

 

今朝のHCJB。

上がALA1530LN(4分配)

下が、TA341(4エレトライバンダー、14MHzに使えるので、ほぼ同調)

ビームの方が強く受信できているようにみえますが、ALAは4分配していますので、僅差だと思います。

20190727_072656

| | コメント (5)

2019/07/23

IC-7651着艦しました

ひょんなことで、我が家にやってきました。

無線(ラジオ)人生最終のオオモノです。

これ一台で、BCL/HAM両方がパーフェクトになる「はず」です。

最終的には、どっちもアンテナなんですけど、今のところに居る以上どうにもなりません。。

まずは、じっくり使ってみます。

Img_7333s

| | コメント (5)