2015/12/31

今年買って良かったもの 2015年

特別賞)しまなみ海道
モノではありませんが、長年の夢と言うか目標をこの春に達成できました。
費用と時間は必要でしたが、それ以上貴重な思い出を手に入れました。
また、行きたいです。

1)iphone6+ドコモ光
もともとフレッツハヤブサで、ケータイはauでした。
Niftyをプロバイダに設定できて、光電話と光TVがあって、携帯とパックというと、今年新登場のドコモ光しかありませんでした。
特に新たな工事なしで切り替えができ、ノートラブルで、電話料金も安くなりました。
プラス!
アンドロイドからiphone6に乗り換えましたが、この電話がまたイイ。(笑)
写真がよく写りますので、スナップを撮るのにデジカメを持つことがなくなりました。
(夜のフラッシュ撮影には、デジカメですが。。。)
また、アプリケーションとユーザインタフェースが秀逸です。
カタチある購入物としては、ダントツの1位。

2)SANGEAN ATS-909X
寝ラジオなのですが、良いつくりです。
信頼性も問題なく、日本製と見間違うほど。
中波、短波、FMと聞きますが(ベッドで。。。(笑))、大いに重宝しています。
結構、良い音がしますし、感度も上々。

3)CASIO MANASLU PRX-8000T
第3世代のセンサを搭載したアナログ+デジタルの電波時計です。
5年前に買ったPRX-2000Tデジタルマナスルも良いのですが、
①センサの精度が上がったこと
②デジタル表示が大きくなったこと
③アナログが見やすいこと
などで、追加購入です。
デジタルはバイクと自転車に乗るときに、今回のデジアナは仕事と山歩き用ということで。。。

4)ALA1530LN
10年間使っているALA1530はまだまだ現役で活躍中ですが、新型を追加購入です。
「差」は短波帯で使う限り特に感じられません。
中波では顕著らしい性能であるとのうたい文句ですが、中波はほとんど聞かないもので。。。(汗)
新型は、機構的にも進化していてファーストアンプとループがケーブルで接続されていて、アンプに問題が発生した場合、アンプユニットの交換で済みます。

5)ほぼ日Weeksカバー
吉田カバンとのコラボのカバーです。
来年はとりあえずこれ+Weeksを。。
LifeLog(日々の雑記帳)はほぼ日オリジナルを使います。

6)スズキ ハスラー
ボーズ(大)にコンテをとられてしまい、急きょの導入でした。
5年間の技術の進歩は目覚ましく、「びっくりぽん」です。
現有の7歳のGOLFより豪華装備。。。

〇時を越えてのドツボ殿堂入り

1)LA800 スーパーループ
2013年の殿堂入り製品ですが、1年を超えてまさかの再殿堂入りです。
高価な製品で、非常に期待し購入したのですが、活躍もせず(短波では、明らかに、完全にALA1530(10年前の設計)に負けていました)、この年末に、壊れました。(笑)
もう、直す気も起らず、来年の暖かい日を待って、廃棄処分決定です。
私の受信環境では、本当に「ダメなアンテナ」でした。
(ほかの環境では素晴らしいかもしれません。念のため。。)

久しぶりにアタマに来た製品です。
良かったのは、買ってから製品を使い始めるまでの期待感だけでした。
あ”---!!もう、本当に。。。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/06

糸 中島みゆき

中島みゆきさん。
本名も中島美雪さん。
61歳になられた今も、凛とした強い美しさです。

この人は、この人のうたは、どこまで人の心をふるわすのか。
最近あらためて聞いて芯にきました。
歌詞の最後の仕合せとは、運命に巡り合わせ、出会いの事だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/04

ヨイトマケの唄 美輪明宏

年末の紅白で歌っておられました。
同じバージョンは、youtobeでここに。

紅白で聞いて泪し、youtobeでもう一度聞いて泪しました。
この美輪明宏と言う人は、本当にすごい人(エンターティナーとは言いたくない)だと思います。
これぞ、「魂の唄」と言える唄を久しぶりに聞きました。

愛の賛歌も素晴らしいです。
ここ

AKBもモモクロも悪くはないけれど。。。この人と比べるとね、レベルが全く違います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/11

ブルーツゥースのヘッドセット

この間の香港出張で、ノキア純正のヘッドセットを買った。
ブルーツース。。。ブルートゥース。。ブルーツゥース。。えーどうカタカナ表記すればいいんだ??
道路交通法改正で、ケータイ片手での運転はご法度になった。
で、ブルーツゥース。。(笑)
520HKDだから概ね8000円ほど。
ONすれば、直ちにワイヤレスだから便利だ。
うっとうしいケーブルもない。
なかなか快適な装置で、電話帳に登録しておけば、「△○X▽。。。」と叫べば、その登録しておいたところに電話がかかる、ボイスコールとも連動できる。
なかなか、サイバーな感じで嬉しい。(ってか単なる新し物好き。。。)
残念!!
本体のノキア702NKはやっとこさ使い方とか、ちょっとしたウラワザを覚えて、自分で着ウタをインストールできるようになった。
CDからリッピングしてMP3ファイルを作って、あとコチョコチョとすればはい、出来上がり。
ネットから有料ダウンロードしなくてもすむのだ。
こいつも、いい感じ。
今の着ウタは、「あの素晴らしい愛をもう一度」
大好きな歌だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/01

おぼろ月夜(づきよ)

作詞:高野辰之
作曲:岡野貞一
(文部省唱歌)

菜の花畠に、入日(いりひ)薄(うす)れ
見わたす山の端(は)かすみ深し
春風(はるかぜ)そよ吹く、空を見れば
夕月(ゆうづき)かかりて、にほひあはし

里わの火影(ほかげ)も、森の色も
田中の小路(こみち)をたどる人も
蛙(かわず)のなくねも、鐘の音も
さながらかすめるおぼろ月夜

この歌は、小学校のころに習っただろうか。
最近、前出の中島美嘉のCDに入っているのを聞いて、いたく気に入った。

聞いていると、日本の原風景がそこにある。
こんな風だ。

目を閉じて聞けば、一面の菜の花畑の花
黄色に咲いた花たちは、春風にやや揺れ動き
その隙間からうす雲がかかった月が見えている。
しかし、真っ暗になるには、もう少しの夕方
月の手前には、夕闇がせまり、既に深緑にいろを変えた山の稜線が続きわずかに残った残光と
オレンジ色の山と空の境界

いよいよ、夜のとばりが近づき小高い丘から眺めれば、きれいに区画されてもいない田んぼのあぜ道を急ぐ人影
耳を澄ませば、蛙の鳴き声と遠くで鳴る寺の鐘
いよいよ夕闇がやってくるが、それでもまだ遠めに風景は見え、随分向こうの集落の家窓には明かりがともる
春の霞のせいだろうか、空気が揺れるせいだろうか、窓の明かりもゆれている
風の匂いは、少し甘い菜の花の匂いtぽそれから、里から漂うマキの匂い。
これらのもの全てをやさしくオレンジ色のベールがかかったような、おぼろ月夜。

あー、いいなぁ。
こんな、里に住みたいなぁ。
いやらしい人間関係も、駆け引きもないんだろうな。(と思いたい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の華

作詞:Satomi
作曲:松本良喜
歌:中島美嘉

のびた人影を舗道に並べ
夕闇のなかをキミとあるいてる
手を繋いでいつまでもずっと
そばにいれたなら泣けちゃうくらい

風が冷たくなって
冬の匂いがした
そろそろこの街に
キミと近付ける季節が来る

今年、最初の雪の華を
2人寄り添って
眺めているこの時間(とき)に
しあわせがあふれだす
甘えとか弱さじゃない
ただ、キミを愛してる
心からそう思った

キミといるとどんなことでも
乗りきれるような気持ちになってる
こんな日々がいつまでもきっと
続いてくことを祈っているよ

風が窓揺らした
夜は揺り起こして
どんな悲しいことも
ボクが笑顔に変えてあげる

舞い落ちてきた雪の華が
窓の外ずっと
降りやむことを知らずに
ボクらの街を染める
誰かのために何かを
したいと思えるのが
愛ということを知った

もし、キミを失ったとしたら
星になってキミを照らすだろう
笑顔も涙に濡れている夜も
いつもいつでもそばにいるよ

今年、最初の雪の華を
2人寄り添って
眺めているこの時間(とき)に
しあわせがあふれだす
甘えとか弱さじゃない
ただキミとずっと
このまま一緒にいたい
素直にそう思える

この街に降り積もってく
真っ白な雪の華
2人の胸にそっと思い出を描くよ


この歌を最初に聞いたのは、づっと前。
そのときは、「ふーん、いい歌」くらいだった。
今年の始め、サンディエゴで会社のみんなと車の中で大音量で聞いた。
どうしてかわからないが、すごく良い歌に思えて、いい年したオッサンが不覚にも涙汲んでしまった。
最近、出勤の途上、車の中で聞いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)