2019/08/15

ELAD FDM-S2のちょっとした不都合が治りました。

ソフトウェアをVer3.019にしてからだと思うのですが、5秒に1回、数十ミリSec程度、ソフトウェアがひっかかります。 

と報告した、ちょっとした不都合ですが、Windows10のリビジョンアップが昨日あり実行しましたらなおりました。(笑)

ひっかかりもなく調子よく動いています。

なんだったのか良くわかりませんが、とにかく、復旧です。

また、Windowsのバージョンアップの時に心配なELADやPERSEUSのソフトの不都合は全くありませんでした。

 

画面は、CNR1のDRM放送です。100%デコードできます。

現在ALA1530LNを4分配し、TENTEC RX340、ICOM ICー7851、PERSEUS、ELAD FDM-S2に給電しています。

写真では、ノイズフロアが130dBmと低いですが、これは4分配してるためで、直結しますと120dBmと10dBmほど上昇します。

それでも、ALA1530LNが如何に静粛なアンテナか良くわかります。

 

4分配

Cri_drm

直結

Cri_drm2

 

 

| | コメント (0)

2019/07/14

ELAD FDM-S2のちょっとした不都合

ソフトウェアをVer3.019にしてからだと思うのですが、5秒に1回、数十ミリSec程度、ソフトウェアがひっかかります。

PERSEUSやその他のソフトは大丈夫なので、FDM-S2特有のもんだいだと思うのですが、ユーザの皆さんいかがでしょうか?

引っかかるというのは、マウスのスクロールホイルで周波数を移動させているとき、5秒に一度くらいの感じでちょっと引っかかる感じです。

数は数表示のバーをつかんでドラッグするときなどもちょっとひっかかます。

音声再生や受信、その他の機能に影響をおよぼしませんので、大きな問題ではないのですが、ちょっと気になります。

 

最近、PERSEUSよりもFDM-S2を立ち上げる方が多いです。

「単体」で留守録できたり、DRMの復調が出来たり、Noise Reductionの機能が優秀だったり、PERSEUSより心持ですがS/Nが良かったりが理由です。

再生音も、PERSEUSよりは角がとれ、そして聞きやすいと感じます。

であるのに、動作がちょっと引っかかるのが気になります。(笑)

 

| | コメント (0)

2018/12/16

ELAD FDM-S2 ソフトウェア更新

遅ればせながら、Ver.3.002(4,Jan.,2018)から、Ver.3.019(19,June, 2018)にアップデートしました。

こまごまとしたBugFixと画面の配置や、スイッチが追加されました。
ESCCが良い感じになりました。
このソフトの完成度は相当高いです。
これで、あと、局のデータベース表示ウインドウが独立ででればPerseusより良いのでは?と思います。
Elad


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/01/20

ELAD FDM-SW2 Software Version UP to 3.002

今年1回目のELAD FDM-SW2のコントロールソフトのバージョンアップが2018年1月4日にありました。
バージョンは、3.002になりました。

改定ポイントは、
1) solved TX button in advance setting;
2) Recording TImer Bug solved;
3) CAT Standard solved bug;
4) SWBC import correct Data values automatically;
5) solved Generic IF after exiting Transverter mode;
6) Unload Station Memory file bug solved;
7) on main form added the software version;

大きく関係ありそうなのは、
2)と6)くらいでしょうか。
確かにセットしたはずの留守録タイマーが上手く動作しないことがありましたので、これでOKなのかもしれません。

ここからダウンロードしてください。

拙宅のELAD FDM-S2は何の問題もなくUPGRADEされ動作しました。
Elad302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/29

ELAD FDM-SW2 Software Version UP to 3.00

ELAD FDM-SW2のコントロールソフトのバージョンアップが2017年12月27日にありました。
バージョンは、3.00になりました。
私の前のソフトは1.50Beteでした。(去年の12月からバージョンアップしていませんでした。)
右クリックでのファンクションが増えたこと、あとは細かなバグが修正されています。
新製品のS3にも対応したとリリースノートに書かれています。

購入して初めて周波数キャリブレーションをしました。(53Hzマイナスシフトして正しくなりました。)

少しづつですが、使いやすくなりました。

Elad


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/10

Virtual Audio Cable Ver4.15

hiros_bcl777さんからいただいた情報で、VACを4.13から4.15にバージョンアップしました。
ありがとうございます。

改善は、いくつかのバグフィックス、イベントログ機能はじめいくつかの機能の追加です。
レコード側でのレベル調整の追加などが便利かな?と気になりますが、インストールしたままで特に大きな問題なく使えています。

Vac415


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/21

Ver. UP to 1.37

しらんまに、ソフトのバージョンが上がっています。
あがりましたよー!とか言ってくれるリマインダーはないものか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/27

B14データが出そろいました

青木LIST
http://hiroshi.mediacat-blog.jp/

EiBi
http://www.eibispace.de/

HFCC
http://www.hfcc.org/data/

これで、半年間また快適にBCLを楽しむことが出来ます。
青木OMはじめ、データを編集されているOM皆様に感謝、御礼申し上げます。
ありがとうございます。

そして、青木LISTをELAD用に変換するプログラム・マクロを作成、ご提供いただきました、hiros_bcl777さんに感謝申し上げます。
ホンマに助かりまする。
ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)